なぜ起業家は稼ぐノウハウを公開するのか?

稼ぐ方法を知っているなら他人にわざわざ教えなくてもいいのでは?

アフィリエイトに取り組み出し、
いろいろなメルマガに登録なんかを
始めると、アフィリエイト塾の勧誘が
多いことにビックリします。

普通に考えれば
「儲かる方法を知っているのなら
自分だけで稼ぎ続けていればいいじゃないか‥」
「そんなオイシイ話をなんでわざわざ公開するんだ?」
と不思議に思います。

メルマガ等でネットビジネス初心者向けに
PRされているアフィリエイト塾や、
せどりやFXなどの旨味のある勧誘は
ほとんどが詐欺まがいの内容で、
発信者がただ儲ける為に
情報弱者のビギナーを煽っているだけという
ケースが圧倒的に多いです。

しかし、中には数%の割合で、
本当に初心者の人にノウハウを教えるために
塾やセミナーなどを開催している人もいます。

数パーセントというのは私の経験上から
申し上げている数値で、実情とは必ずしも
一致しないかも知れませんが、
いずれにしろ、ビジネスノウハウを広めようと
している人たちの中にも、騙すことが目的な
人ばかりではないということです。

本当にその人数は少なく限られていると思いますが、
そんなビジネスノウハウを、塾などのスタイルで
教えている人の目的は一体なんでしょうか?

起業家が塾やセミナーを開催する真の目的とは

ビジネス塾やセミナー参加のためには
お金がかかります。

開催者は受講料や入塾料として、それなりの金額を稼ぎ
収入を得ます。塾の場合は30万円前後する高額スクールも
珍しくありませんので、開催する側としては
それだけでもかなりの収入になります。

しかし、その一時的な収益を得るためだけに
起業家が塾やセミナーを開催しているのかというと
そうではないと思います。

一時的な収益を上げるために
自分自身のノウハウを教えたところで、
採算が合わないことの方が多いでしょう。

ではなぜそんなハイリスクなことをするのかと
いうと、そういった活動をしている起業家の人たちは
自分と気が合うビジネスパートナーを
受講生の中から見つけたいと考えているからです。

”気が合う” と言うと軽い感じになってしまいますが、
自分とビジネスに対するセンスが近い人、
共同で仕事をしていく上で相性が良さそうな人、
自分の考えを深く理解してくれている人、
そんな人を探しているんです。

ビジネス塾を高いお金を払って受講しても
カリキュラムを最後までやり遂げる人は
不思議と半分もいないそうです。

自分が教えた稼ぐためのカリキュラムを
真剣に取り組んで成果を出せた人は
そのメンターに感謝するでしょうし、
メンターの側もそんな受講生はこれからも
応援したいと言う気持ちになるのが人情だと思います。

塾を開催するレベルの起業家の人は
常に次のビジネスのビジョンを頭には
描いていますから、仕事の相棒が何人かは
いた方が、企画を実現しやすいわけです。

塾の講師と生徒という形で出会っていれば、
受講中に交流もしていますし、
信頼関係も築けているので、
次の話に進めやすいわけです。

アフィリエイト初心者の人には
理解しにくいかも知れませんが、
私がこれまで何人かのメンターと知り合い、
幾つかの塾を受講し、たくさんのメルマガを購読
してきた結果から、そのような真実が見えてきました。

稼ぐ方法を他人に教える必要性なんて、
あなたが最初に思った通り、本当に全然ないんです。
ノウハウを公開することで、自分の考えと波長が合う人を
探している、ただそれだけに過ぎないのだと思います。

くれぐれも注意して頂きたいのが、
本物のノウハウなんて本当に数%程度しか
ありません。現状のネットビジネス業界は
悪意のある儲け主義の商材が溢れかえり、
無法地帯と化していますので、
騙されないように見抜く力を養ってくださいね。
それがかなり大変なんですけど(汗)。