被リンク

SEOで最も効果が高いとされる手法の一つに「被リンク」というものがあります。

 

自分のサイトに別のサイトからリンクが張られることを指します。

 

Aというサイトについて
別のBというサイトが「あのサイト素晴らしいな」と感じて
リンクを張ってくれたとしたら、
それは純粋に外部から評価を受けたわけですので
検索エンジンとしても
「このサイトは外から評価を得るくらいだから良いサイトなんだな‥」
と、好評価を得る可能性が出てくるわけです。

 

この基本ロジックは全く問題ないのですが、
数年前まではこの被リンクがSEOにあまりにも
効果絶大だったために、多くのアフィリエイターの間で
悪質な方法で被リンクを増やすという手法が横行しました。

 

有料リンクの購入、
自作のブログからリンクを流す自作自演、
相互リンク専用サイトからのリンク、など
様々な手法が現れ、それなりに効果もあったため
被リンクに関しては無法地帯化していた時期がありました。

 

Googleとしてはそのような悪質サイトが
検索上位に現れてしまっては、ユーザーの利便性にも欠きますし、
自社の信用にも関わる由々しき事態です。

そこでGoogleは2014年のペンギンアップデート以降、
上位表示を狙うためだけの悪質な被リンクの監視を強化し
ポリシーに反するような被リンクを行っているサイトには
ペナルティを課すようになりました。

 

アルゴリズムの見直しやアップデートを重ねていく中で
今でも悪質被リンクへの対策は日々強化されていますので、
現在では自然なリンク以外はほとんど評価されなくなっていると言われています。

 

純粋にサイトが外部から評価されてリンクを受けることは、
もちろん現在でも検索エンジンの評価基準の中で重要項目であることは推測されますので
「被リンク」はサイト運営者としては是非欲しいものではあります。

 

高い品質のサイトを作って、ナチュラルリンクが増えていく‥
これこそがサイトのあり方としては究極に目指したい境地であります。