見出しタグの使い方

正しくタグを使ってSEOとユーザリビティを高めよう

 

h1、h2などのタグは「見出しタグ」と呼ばれ、記事内に見出しを
付けるために使用するタグです。

タイトルに使うh1タグ、その下の階層にもh2からh6までの小見出し用のタグを
使用することが出来ます。

今回はh1タグとその他の見出しタグについて正しい記述の仕方を考えていきたいと思います。

h1タグの意味と目的

h1タグとはそのページの内容を簡潔に表した一文のことで、
1ページにつき1ヶ所しか使用できない、というのが原則になっています。

h1タグは検索エンジンにそのページの内容を正しく伝えるための
重要な要素であるとともに、ユーザーにも同じように
内容を分かりやすく伝えるために使用され、
検索用表示内容と記事タイトルを別々に設定することも可能ですが、
最近のWordpressのSEO対策済みテンプレートでは記事タイトルが
「大見出し」としてそのままh1タグに当てはめられるようになっています。
この場合は検索結果で表示されるタイトル部分と、
実際のページでの記事タイトルが同じになるということです。

別々に設定しても、検索用とタイトルが同じでも、
大きなSEO的変化はないというのが近年のユーザーの見解のようです。

h2タグ〜h6タグの使用方法

h1タグの階層下にはh2、h3、h4、h5、h6までのタグがあります。

h2タグと違って1ページあたりの使用回数に制限はありませんので、
記事の長さによって適切に活用することで、読みやすいコンテンツを
構成することが出来ます。

ただし、一応の決まりがあります。
h2の下にはh3以下のタグ、h3の下にはh4以下のタグといった具合に
階層に合わせて大きい見出しの下には必ずそれより小さいタグが
配置されるようにして下さい。SEO的にはそれが正しい文章の構成と
判断されるためです。

同じ階層が連続するというケースは問題ありません。
例えば記事内にh2が数回出てきても大丈夫です。

ただし、h2のように上位階層のタグを複数使用する場合は
それぞれのh2でまとめられている文章の内容に
それなりに重要性があるということになりますので、
乱用は不適切です。

h2以下にその文章内で紹介している事例をいくつか列挙した
場合などはh3タグを使用する方が良いでしょう。

また、階層下のタグは、そのページにそれ以上の上位階層のタグが
出てこない場合は、構文上は飛ばしても問題ありません。

階層下の使用順のルールを守っていれば、基本的に自由に
タグを使えますが、テンプレートによって見出しの装飾が様々ですので、
見た目のバランスなども考慮したほうが良いでしょう。

タグの使用例
【1】H2の複数使用

おすすめの転職サイト2016年春最新版<H1>
 ・初めての転職なら〇〇ナビ<H2>
 ・資格を活かすなら□□ナビ<H2>

【2】H2以下にH3を使用

おすすめの転職サイト2016年春最新版<H1>
 ・初めての転職なら〇〇ナビ<H2>
  ・サイトの特色<H3>
  ・実績の紹介<H3>
  ・ユーザーの声<H3>
 ・資格を活かすなら□□ナビ<H2>
  ・サイトの特色<H3>
  ・実績の紹介<H3>
  ・ユーザーの声<H3>

【3】H2を使用しない

おすすめの転職サイト2016年春最新版<H1>
 ・初めての転職なら〇〇ナビ<H3>
  ・サイトの特色<H4>
  ・実績の紹介<H4>
  ・ユーザーの声<H4>
 ・資格を活かすなら□□ナビ<H3>
  ・サイトの特色<H4>
  ・実績の紹介<H4>
  ・ユーザーの声<H4>

【4】階層を飛ばして使用

おすすめの転職サイト2016年春最新版<H1>
 ・初めての転職なら〇〇ナビ<H2>
  ・サイトの特色<H5>
  ・実績の紹介<H5>
  ・ユーザーの声<H5>
 ・資格を活かすなら□□ナビ<H2>
  ・サイトの特色<H5>
  ・実績の紹介<H5>
  ・ユーザーの声<H5>


 

このような感じで適宜タグを使用して下さい。

ユーザーはあなたの思惑とは違って、記事にじっくり目を通す前に
軽く流し読みをして、それで興味を持ってもらえたところで
初めてしっかりと読み込んでくれるものです。
適切に見出しが使われていれば、流し読みの際に
ユーザーの視認性が高くなります。
色々なサイトを参考にして、読みやすく興味を引く記事の構成を心がけましょう。