キーワードは検索する人の気持ちになって考えよう

キーワードは検索者の気持ちになって考える

サイトアフィリエイトを運営していく上で、
キーワードの選び方はあなたの収益を左右する
非常に大切なポイントとなります。

しかし、あまり難しく考える必要もありません。
あなたが検索をする側の気持ちになって
考えていくことで、キーワードは次々と
浮かんでくるようになります。

キーワードを考えるための具体的な方法

キーワードを考える時にはサイトの内容や構成にもよりますが、
訪問者のアフィリエイトによる成約を目的として
購入につながるためのキーワードを選ぶということが考えられます。
つまり「稼ぐためのキーワード」です。

キーワードプランナーを活用して
ビッグワードやスモールワードを検討する前に
まずやって頂きたいのがユーザーの立場に立って
検索ワードに想像を膨らませるということです。

ダイエットを例に考えてみましょう

今回はあなたがダイエットをしようと考え始めた
ところと仮定した上で考えてみましょう。

第一段階

はじめの段階で検索ワードはどのようなものが
考えられるでしょうか?

「肥満」というキーワードと合わせて

「原因」
「体質」
「改善 食べ物」
「運動 効果」
「解消 運動方法」
「痩せる 運動」
「痩せる 運動量」
「ダイエット」
「ダイエット 方法」
「悪影響」「健康被害」

「痩せる」というキーワードと合わせて

「食べ物」
「痩せる 運動」

別のキーワード

「太りにくい 食べ物」
「痩せやすい 食べ物」 など

などが考えられるかと思います。

この段階では、太っていることや痩せることに対して
勉強をして知識を得ようとしているところです。
検索の目的が何かの商品を探しているということではありません。

第二段階

そして食べ物や運動に関する知識を身につけた後に、
検索者のキーワードは次のように変わってくるかも知れません。

キーワードをダイエットと仮定すると

「効果的 食べ物」
「効果 サプリ」
「器具 通販」
「器具 売れ筋」
「器具 口コミ」
「サプリ 口コミ」 など

ここであなたは、ダイエット器具「Aマシン」や
ダイエットサプリ「Aサプリ」といった
商品の存在を知ることが出来たとします。

第三段階

具体的な商品名を知ったあなたは
次のように検索すると予想ができます。

「Aマシン」をキーワード

「口コミ」
「通販 激安」
「通販 最安」 など

「Aサプリ」をキーワード

「口コミ」
「通販 激安」
「通販 最安」 など

この段階のユーザーは
商品を購入しようと考えて検索しているユーザーです。
もし、あなたのサイトが検索でヒットしてアクセスしてもらえたとします。
そこに商品の詳しい説明やすぐに購入出来るアフィリエイトリンクが
張ってあったらどうでしょうか?

すぐにでも購入したい気持ちがあるユーザーなら
リンクをクリックしてくれる可能性は非常に高いと思いませんか?


 

キーワードを考える場合は
上記のようなユーザー目線で考えたワードに対して
それが調べものをしているだけの言葉なのか、
商品の購入が目的になっている言葉なのか、
これらを考えて記事を投稿していくことで
ニーズに適ったページを構成していくことが可能になります。

実際のページ作りの際は
想像だけでなく、考え出したキーワードを
キーワードプランナーを活用して
候補となる複合ワードを収集していくことによって
アクセスを見込める記事が詰まったサイトを
構築していくことが出来るわけです。

ただし、このように戦略的に計算されたキーワードを使うことだけに
過剰に固執する必要もありません。

ある程度キーワードを意識して記事のエントリーを続けていけば
思いもよらないロングテールキーワードが派生して
アクセスや購入につながるというケースが
いくらでも考えられます。

あまりにもニーズがないような記事は良くないですが、
あなたが有益な情報を提供していると思える内容なら、
コンテンツボリュームを増す意味でも
楽しく記事投稿をしていけば良いかと思います。

キーワード選定は確かに収益を上げる要となる重要事項ですが、
難しく考え過ぎてサイト作りが面倒になってしまい
投げ出してしまうようでは、稼ぐアフィリエイターの
仲間入りすら出来ません。

アフィリエイトで稼げない95%の人たちというのは、
手間がかかりそうな作業になると、真面目に考え過ぎてしまい
何も手がつけられなくなってしまう几帳面な人か、
単なる面倒臭がり屋のどちらかです。

ですので、肉厚なサイトになった時点で、
データ分析や記事の細かい見直しなどのサイトのテコ入れを
していけば良いかと思います。