1サイトに必要な記事数コンテンツボリュームは?

前回のエントリーで一つあたりの記事の文字数について見解を書かせて頂きましたが、
今回は記事数について書かせて頂きます。

 

すでにお分かりの方が多いかと思いますが、
記事数も文字数と同様に多いに越したことはありません。

 

たくさんの記事が含まれたサイトは検索エンジンから高い評価を受けますので
コンテンツボリュームはSEO的にも重要です。

 

よく「ペラサイト」と呼ばれる1ページだけのサイトが存在します。

ブラックハットSEOを駆使して検索エンジンのペナルティを覚悟で量産することが
主流のようですが、実際にそのような手法で稼げるのかどうかは
経験がないので私には分かりません。

初心者の方は手を出さない方が賢明でしょう。

 

記事数は多いに越したことがない。
今回お伝えしたいのはそれだけなのですが、もう少しだけ説明を加えさせて頂きます。

 

このサイトもそうですが、Wordpressを使って作成されているサイトは厳密に言うとブログです。

日記として使われることが多いブログですので、その原点に帰って考えてみますと
1日1記事の投稿を仮定すると年間で365個のコンテンツが完成することになります。

では365個のコンテンツを含むサイト(ブログ)のコンテンツボリュームを検索エンジンは
どのように評価するでしょうか?

ブログが世の中に登場してから15年以上が経過しています。
何年も続けられているブログだって星の数ほど存在します。

 

記事数がいくつ以上ならボリュームが大きいと判断される、といった単純なことではないですが、
サイトアフィリエイトを志す上では数百ページ程度の投稿数はあった方が良いと思います。

 

初心者の方は
「数百個も記事なんて書けないよ‥‥」と弱気になってしまうかも知れませんが、
正直言いますと、私が受講した幾つかの高額塾では
「ブログの記事は最低50個は書くように」
と指導されたこともありますし、
「100個も書けば確実にアクセスが伸びる」と教えていたところもありました。

グーグルのスターターガイドでは架空のサンプルブログを
「250記事程度の小規模サイト」として取り扱っています。

おそらくどれも嘘ではありません。

50個の記事でもSEOがしっかり対策されていればアクセスが見込めるでしょうし、
100とか200の記事のブログならなおさら人目に触れる機会も多いと思います。

 

結局の所、毎回同じようなまとめに行き着いてしまいますが、
ユーザーに有益な情報を提供することを第一に考えてサイトを作っていれば、
自ずと検索結果が上がりやすいサイトに仕上がっていくということです。

 

アフィリエイトサイトはただ稼ぐという部分に焦点を当てて運営してしまうと、
必ずしも良い結果には繋がっていきません。

 

遠回りのように感じるかも知れませんが、訪問者に役立つ情報を提供するということを
第一に考えていくことで、そのサイトで紹介している商品にも興味と信憑性を
持ってもらうことができ、結果として収益を上げていくことが可能となるわけです。

 

検索アルゴリズムの隙をついたような手法で稼いでいるサイトも実際には
まだまだ存在していますが、いずれそのようなサイトは姿を消していく運命にあります。

と言うか、Googleのアルゴリズムの日進月歩の進化によって間違いなく駆逐されていくでしょう。

 

投稿の数を増やすことは、初心者ができるSEOとしてもっとも堅実な手段だと思いますので、
あなたの書きたいことがなくなるまで是非エントリーを続けてサイトを育てていって下さい!!