コンバージョンコンテンツとリンクベイトコンテンツ

投稿記事の2種類の意味

サイトの投稿記事はアフィリエイトのクリックを促すページと
それ以外のページの2種類に大きく分けることが出来ます。

アフィリエイトリンクを貼ったページは報酬発生を見込んで作られた
「コンバージョンコンテンツ」または
「セリングコンテンツ」と呼ばれます。

では、それ以外のページの目的はなんでしょうか?

収益を期待せずに作られているページは純粋にユーザーに対して有益な情報を提供して
じっくり読んでもらうことを目的とした
「リンクベイトコンテンツ」と呼ばれています。

サイトアフィリエイトを進めている人は、
商品の紹介などのコンバージョンコンテンツのページだけを増やしていった方が
効率良く稼げるようになるのでは?と考えるかも知れませんがそうではありません。

ユーザーがサイトに滞在している時間は
興味を持たれるコンテンツなのかという視点からSEO上も重視されますし、
コンテンツボリュームのアップもSEO的には大切です。

つまり、サイト自体の信頼性の向上、将来的な見込み購入者の増加などの観点からも、
リンクベイトコンテンツは非常に大切です。

売り上げと直結こそしていませんが、リンクベイトのページが増えることは
間接的に売り上げアップに繋がってきますので、サイト構築の上では
なくてはならないコンテンツなのです。

あなたが取り組んでいるサイトのテーマに関することなら、
自分のこのサイトを見れば必要な情報が全て詰まっている、
このサイトを見れば書いてないことは何もない、
と自信を持って言えるくらいの充実した情報サイトを
作るように心がけてください。