一つの記事に最適な文字数は?

サイト作りの要の作業である記事投稿。

 

初心者の方は始めのうちは大変に感じるかも知れませんが、
記事のエントリーを重ねることで、自身にとってもアウトプットにもなりますし、
コピーライティングのスキルアップにもつながりますので、
是非とも途中で挫折せず頑張って投稿を継続して下さい。

 

さて、今回はそんな記事の投稿の際の文字数について解説というか、
私の考えを述べたいと思います。

 

一記事あたりに求められる文字数は明確な指針や統計があるわけではありませんが、
私の考える結論から先に言うと、文字数は多いに越したことはありません。

多ければ多いほどSEOの面では有効だと思います。

 

Googleが重視しているサイトのコンテンツボリュームという視点で考えれば、
文字数が多いことはプラスに働くと考えるのはごく自然なことだと思います。

 

中身がしっかりしていれば問題はないが、中身が薄いのに
ただ文字数が多いのはユーザー目線で考えるとマイナスでは?という見方もあると思います。

 

確かに一言で説明できるような内容を何百文字も使って説明すれば、
文章自体も間のびしますし、ユーザーが読んでもかえって理解しづらい文脈が
目立ってしまうかも知れません。

 

意図的に文字数稼ぎのためだけにダラダラと書かれた文章は好ましくはないと私も思います。

 

しかし、人はそれぞれ文章を書く時にクセがあるでしょうし、
それを個性やオリジナリティの範疇として捉えるということを
検索エンジンは全くしないのかどうか、その点が少し気になります。

 

キーワードをわざと詰め込む行為はガイドライン違反になるかと思いますが、
自然に文章を書いていてたまたまキーワードが多めに出るということもあると思いますし、
全体の記事数の中で幾つかそのような記事があったとしても、
そこは人間の行動を正しく捉えようと試行錯誤を続けるグーグルにしてみれば
「まぁ、こういうこともあるだろうな」という解析にはならないのでしょうか?

 

わざとブラックなSEOを仕掛けているわけではないなら、
通常の記事投稿は、自分が伝えたいことを率直に文章に込めることはとても大切だと考えます。

 

グーグルはオリジナリティも検索結果の評価対象に入れていますので、
あちこちの資料の寄せ集めのような記事ばかりを投稿するよりも、
自分の言葉で書きたいように書くというのが、求められている姿勢の一つかとも思っています。

 

したがって、文字数ですが、記事のテーマは特定しませんが、
常識的に考えて数行で終わるような文章はさすがに少ないと感じます。

検索エンジンのも価値が低いと見なされるでしょう。

 

意識してほしい文字数は、最低でも800文字程度が目安かなと、私個人は考えます。

400字詰め原稿用紙2枚のボリュームです、いや、デジタルだと空欄はカウントしないので
原稿用紙なら2枚半くらいのイメージでしょうか?

 

最低800文字、そして上限はありません。
1,000文字でも2,000文字でも3,000文字でも構わないと思います。

 

ユーザー目線を忘れていなければ、文字は多ければ多いほど良いかと思います。
是非ご参考ください。