アンカーテキスト

検索エンジンの評価を高める内的SEOの要素の一つに内部リンクがあります。

他者からリンクを張ってもらう被リンク(外部リンク)と違って、
内部リンクは自分自身で行なうことができるSEO対策ですので
是非とも実施しておきましょう。

内部リンクの重要性

検索エンジンの評価は外部リンクの数が多ければ多いほど
良いとされていた時代がありました。

しかし現在ではコンテンツの質が重要視されるようになり、
闇雲に外部リンクを増やす必要性は薄れてきています。

それどころか、質の低い被リンクはSEOではマイナス効果になる
との見方もされているくらいです。

外部リンクは質の高いものなら今でも効果を発揮しますが、
初心者の方が作った日の浅いサイトでは、はじめのうちは
そう簡単にはリンクは集まらないでしょう。

そこで、実践して頂きたいのが内部リンクを張るという作業です。

内部リンクはいくつか種類があります。

  • グローバルメニュー
  • パンくずリスト
  • サイドメニュー
  • フッターリンク
  • アンカーテキスト
  • サイトマップ

などが挙げられます。これらのリンクを設定することで、
SEOとしてだけでなくユーザーの利便性向上にもつながりますので
これまで意識してこなかった方は是非取り組んでみて下さい。

今回は記事中の文字列から同サイト内にリンクを貼る
「アンカーテキスト」リンクについて解説します。

アンカーテキストの張り方

やり方は簡単です。記事の中の文や単語から、関連する記事のページへ
リンクを張るだけです。

コツとしては、リンクを付ける文字列には、リンク先のページで
狙っているキーワードを含めるようにして下さい。

一番良くないのは「こちらから」とか「詳細を見る」などの
キーワードを全く表していない文字列からのリンクです。
ユーザーの利便性上は問題ありませんが、検索エンジンに
重要性を伝えるという意味で、関連ワードからのリンクにしましょう。

WordPressでしたら、リンクを張りたい箇所をドラッグして、
編集パネルの「リンクの挿入/編集」(鎖のアイコン)をクリックします。
飛ばしたい記事のURLを入力すれば完了です。

リンク設定では「リンクを新しいタブで開く」にチェックを入れておいたほうが
良いかと思います。

基本はこれだけですが、リンク先のURLの取得が何だか面倒に感じますね。

いちいちブラウザで新しいウィンドウを開いて、記事のページのURLを
コピーしてくるのも手間がかかりそうです。

そんな時に作業を効率化できる便利なプラグインがあります。

Link to Postで簡単に内部リンク作成

「Link to Post」というプラグインを使えば、内部リンクを張る作業が
非常に簡単に行なえます。

インストール後に有効化するだけで、特に難しい設定は必要ありません。

リンクをしたい文字列をドラッグすると編集パネルの右上の
Link to Postのアイコンが半透明の表示からくっきりした
クリック可能な状態に変わります。

アイコンをクリックすると
「Post(投稿記事)」「Page(固定ページ)」
「Category(カテゴリー)」「Tag(タグ)」のタブ別に
分類された一覧が表示されますので、リンク先に指定したい
コンテンツをクリックすれば終了です。

 


毎回の記事の投稿時に、この対策をしっかり出来ればいいのですが、
コンテンツが増えてくると過去記事からのリンク可能な箇所も
新しく増えてきたりしますので、過去記事のメンテナンスの際に
新しくリンクが出来そうな箇所があれば付けるなどして
対策を強めていけば良いかと思います。

リンクが多すぎるのもSEOでは逆効果になる恐れがありますので、
文字数に対して多すぎない程度の適切な分量のリンクを心がけて下さい。