SEOとは?

SEOとは検索上位表示のための受験対策のようなもの

ネットビジネスに取り組んでいく上で
知っておかなければならない必須項目が
いくつもありますが、その代表格が「SEO」です。

「エス・イー・オー」と読みます。

Search Engine Optimizationの頭文字の略で、
「検索エンジン最適化」と訳されています。

検索エンジンとはあなたが毎日使っている
GoogleやYahoo!などのネット検索のツールです。

検索エンジンは
サイトやブログがユーザーの検索ワードによって
検索されると、様々な検索条件のアルゴリズムを駆使して、
ユーザーが求める最適な情報を上位表示することが
最大の使命となっています。

全世界に溢れる無数のWEBサイトの中から
検索したユーザーが探し求めている情報に
もっとも近い条件のサイトを表示するために
日々研究が行われており、その精度も
以前とは比較できないほど高くなっています。

この検索エンジンの検索結果に
上位表示されやすくするための施策全般を
SEOと呼んでいます。

「上位表示されやすくする」ということは
どういうことなのでしょうか?

検索エンジンは、
ユーザーが求める情報が掲載されているサイトを
なるべく上位に表示するために、
WEBサイトの様々な構成要素を機械的に条件化し、
その条件が満たされているかどうかで、
検索結果に順位をつけて表示するという
仕組みになっています。

その条件は

  • キーワードがどれくらいサイトに使われているか
  • 他のサイトから好評価を受けているか
  • 画像や動画などが使い分かりやすくなっているか
  • 常に一定のアクセスがあるか
  • 歴史のあるサイトか
  • 情報量が充分なサイトか
  • 定期的に更新されているか

などなど、おそらく数百程度に及ぶチェック条件を
もとに検索結果を表示するようになっています。

その条件を満たすように意図的に
サイトの構築要素に施策をしていくことで
検索の際の上位表示が見込めるようになるわけです。

この検索結果に影響をもたらす条件というのは、
ポータルサイトのGoogleなどが明確に公表をした
ことはありません。

つまりSEO対策というのは、
サイトを作る側が想像で導き出した
検索エンジンのアルゴリズムに対しての
施策ということです。

検索結果の上位表示という合格ラインを目指して
受験対策を施しているようなものだと
考えていいと思います。

サイトのクオリティ重視の時代がやってきた

SEO対策については
近年は捉え方が大きく変わりつつあります。
以前はまかり通っていた小手先のテクニックが
通用しなくなってきています。

もちろん昔も今も変わらず
ずっと重要視されている
普遍的なSEO対策もあります。

サイトのクオリティ重視の時代に突入した
とも言えるかも知れません。

検索結果の上位表示のための受験対策のようなものだと
先ほど述べましたが、
仮に上位表示されても中身が何もない
薄っぺらなコンテンツだけのサイトだったら
ユーザーは二度とそのサイト訪れてはくれないでしょう。

合格目指して受験勉強だけを頑張って、
合格することが出来たとしても、その先で何を学びたいか
しっかりした考えがないと、学校側からしたら
「この生徒は何をしにここへ来たんだ?」
となってしまいます。

あなたがサイト運営を進めていく上で、
SEOはユーザーが訪れてくれるきっかけを
作るために間口を広げる手段であって、
目標は訪れたユーザーに有益な情報を提供することです。

この本質は、従来もそうですし、
これからも変わることはありません。
ですので、私は個人的にはSEOは気にしすぎる必要はないと
思っていますが、知らないよりは知っていた方がいい
知識ですので、今後も役立つSEO情報をたくさん紹介
していきたいと思っています。