グーグルSEOスターターガイド

スターターガイドは初心者必須のSEOマニュアル

SEO(検索エンジン最適化)は非常に奥が深く、
施すべき対策の数は数えたらきりがないくらい存在します。

ネットビジネス初心者の方が、このSEOを過剰に気にし過ぎてしまうと
コンテンツの作成に歯止めがかかってしまうことになりかねません。

一度面倒だという意識が働いてしまうとどんどん記事作成から遠のいてしまい、
やがてネットビジネスそのものからもあなたが離れていってしまう恐れがあります。

ですので、私のポリシーは
“初心者は過剰にSEOを意識する必要はない” なのですが、
それでも知っていた方が得することが多いのがSEOです。

逆にグーグル的にやってはいけないことも
多数ありますので、それらの最低限の知識を身につけておく必要はあると思います。

知らなかったばっかりに、検索エンジン対策上のタブーを犯してしまっては
あなたの財産であるオリジナルサイトが致命的なダメージを受けてしまいます。

今回はSEOを考えていく上で、最も間違いない手段として、
Googleが公表している「検索エンジン最適化スターターガイド」
を紹介したいと思います。

Googleが求めるサイト作りのヒント

まずこのスターターガイドの趣旨について説明します。

そもそもSEOについてグーグルが具体的にアルゴリズムを示し
「この方法で対策すれば上位に表示されますよ」と公表したことはありません。

検索エンジンのチェック項目は非常に多く、複雑な要素が考慮されていくために
単純に「こうすれば順位が上がる」と言い切れないという性質があるからです。

また、公表すればそれを悪用して隙をついたような裏技が横行する危険もあるからです。

実際問題、ネットが普及して間もない頃はそういった裏ワザによってアクセスを集めることが
可能だった時代がありました。

しかし近年は検索エンジンの精度も格段に上がり、SEOを逆手に取っただけの
小手先のテクニックに依存しているサイトはすぐに見抜かれる傾向にあります。

本当にユーザーが求める有益な情報を発信しているサイトだけが
検索結果の上位に表示されるように淘汰されつつあります。

しかし、アルゴリズムを公表するようなことにでもなれば、
また悪用する者が出てきていつまでたってもグーグルと
SEOの悪用ユーザーとのいたちごっこが終わりません。

言ってみればGoogleとSEO業者(または悪用ユーザー)は敵対関係にあるわけです。

グーグルにとってSEOだけを重点いおいて作られたサイトというのは
本来は望ましい物ではないわけです。

ではこのスターターガイドでは何が紹介されているかと言うと
「検索結果に良い効果をもたらす可能性がある手法」です。

SEOを高めるためのヒント、本来求められる質の高いサイトの構築指南、
と言ってもいいかも知れません。

初心者の方はSEOを難しく捉えるよりもまずは公式ガイドで推奨されている手法を学び、
ポータルサイトが求めているWEBサイトとはどういうものかという
本質を見極めることが非常に重要かと思います。

内容が多岐にわたりますので別の項目で今後順次ご紹介していきたいと思います。