パンダアップデート

価値の低いサイトは容赦なしに消される?

2012年に導入されたGoogleのアルゴリズムに
「パンダアップデート」があります。

記事の内容が薄いページばかりのサイト、
他のサイトと記事が似たものばかりのサイト、
サイト内に似た様な記事が多いサイト、
外部リンクが得られていないサイト、
SNSでの共有がないサイト、
自動生成されたページが多いサイト、

など、ユーザーにとって利用価値が低いと思われるサイトが
検索結果の上位に表示されにくくなりました。

よくよく見れば、検索エンジンが判断するまでもなく、
上記の様なサイトはユーザーにとっても
利用価値が低いというのは分かります。

Googleのアルゴリズムは別にサイト運営者に意地悪を
しようとしているのではなく、ユーザーの利便性の向上を
第一に考えているわけですので、有益な情報を発信しようと
熱心な態度でサイトを作っている人なら、
ペナルティは受けることはほとんどないという逆説が成り立ちます。

私もそうですが、初心者の方はサイトを作っていく中で
このグーグルのアルゴリズムの話題を目にすると、
何だか難しそう、とか、グーグルって怖いなぁ、とか、
萎縮してしまいがちですが、何も恐れることはありません。

以下に私の見解を書かせて頂きますので、ご参考下さい。

記事の内容が薄いことへの対策

これは基本中の基本ですが、ユーザーが求める記事を
キーワードから想像して書き上げ、あとは待ちの姿勢になるのが
サイトアフィリエイトです。

アクセスが余りにも少ないページはネット上にないのと
変わりませんので、必要に応じて記事を見直し、
加筆修正をすれば良いかと思います。

「noindexにする」
「nofollowにする」
「他のページへリダイレクトする」
という手段もありますが、毎回せっかく苦労して書いている
記事ですので、検索対象にはしておいたほうが良いかと思います。

他のサイトと似た記事ばかり

記事のエントリーの際には、まずネットから情報を得ることは
珍しくありません。参考にしたサイトの記事の本質部分を
なぞった記事にするのは問題ありませんが、表現まで似てしまうと
検索エンジンには「パクリかな?」と判断されてしまう
可能性があります。

何らかの工夫をして、あなたのオリジナリティを加えた記事として
完成させるように心がけましょう。

参考にしたサイトと編集画面を行き来しながら書くようだと、
内容が影響を受けすぎると思いますので、
参照サイトによく目を通した後は、もうそのサイトには戻らず
自分自身の言葉で、自分自身のまとめ方で記事を構成すると
個性が出てくると思います。

サイト内に似たような記事ばかり

200、300と記事を書いていれば、過去に一度や二度、
似たような記事を書いているかも知れません。

しかし、さすがに三度も四度も同じような内容の記事を
書いていたら自分で気付きますよね?

極端に類似記事が多くなければ、多くの記事の中のほんの
一部の記事の内容が重複しているくらいなら、
検索エンジンもペナルティを与えるということまでは
しないと思います。

記事を投稿する前に、過去の記事のタイトルを確認し、
重複していないことを確認してから書けば問題ないと思います。

外部リンクが張られていない

数百ページのサイトになっていけば、ナチュラルリンクの
一つや二つは生まれてくるのが一般的ですので、
気長に待ってみるのも一つの手段かと思います。

自作のサテライトサイトからの自作の被リンクを張る
自作自演の手法がありますが、この方法も近年では
検索エンジンが見抜くという話を聞きましたので
正直おすすめは致しません。

SNSでの共有がない

外部リンクと一緒で、基本は人様がしてくれるのを待つということに
なりますが、積極的な働きかけは惜しまずにするべきでしょう。

私の場合は面倒くさがりやなので、プラグインを使用して
パブリサイズ共有の機能で、Wordpress投稿時に
TwitterとFacebookには自動で同時投稿するようにしています。

ただ、アフィリエイターの記事はなかなかシェアされにくいという
印象があります。

やはり、信頼されるブロガー(アフィリエイター)になることが
一番の近道かと思いますので、真摯な態度で記事を書いていきましょう。

自動生成されたページばかり

私は自動生成のプログラムというものを知りませんので、
どのような物なのか、初心者の方向けに説明ができません。

真っ当なサイト構築に取組んでいる方なら
気にする必要はないでしょう。


パンダアップデートは、現在では毎月定期的に行われる
アルゴリズムに組み込まれているとのことで、
内容的には必須の定番メニューとなっているそうです。

ですので、今回の内容はほぼ恒久的なSEOの要素となりますので、
初心者の方は頭に入れておいて下さい。

繰り返しになりますが、ユーザーのための有益なサイト作りを
心がけている真っ当な方でしたら過剰に気にかけることは
ないと思います。恐れずに胸を張ってサイト作りをしていきましょう!!