ワードプレスでの改行

2種類ある改行方法に注意が必要

WordPressに記事を書いていく際の「改行」の仕方について、
超基本的なことですが説明をしておきます。

WordPressの記事編集画面は、ビジュアルモードとテキストモードがあり、
自由に切り替えて使用できます。

テキストモードはHTMLの知識がある人には、構文を整理しながら
使うことができて便利な画面ですが、初心者の方は見たまま編集できる
ビジュアルの画面を使用することが多いかと思います。

ビジュアルモードでは、文章を書いてenterキーひとつを押して
改行をするとワードプレスのデフォルト設定上
<p>というタグが自動整形されます。

<p>タグは段落を表すタグで、<p>〜</p>の間の文章が
コンピュータ言語的にはひとつの「段落」になります。

通常のブログの文章ですと、改行ごとに新しい段落になるということは
ありません。ひとつの段落の中にただの改行が数回出てくるのが一般的です。

そこで、ワードプレスで普通のただの「改行」をしたい時には
「shift」+「enterキー」を押します。

これで通常の行が下がるだけの改行になります。
テキストモードで見れば</p>タグではなく、
<br />というタグが挿入されていると思います。

ビジュアルモードで編集している方は、
enterキーだけの改行と、shift+enterキーの改行によって
改行の間隔が見た目にも変化していることが分かるかと思います。

今まで改行を何も考えずにしていたという方は、
過去の記事も含めて手直しをしてみて下さい。

正しいHTMLの構文は検索エンジンからの評価も高まりますので、
SEO効果が見込めます。

段落ごとの間隔の広さの調整は、テンプレートのデフォルト設定で
問題ないですが、もっと狭くしたい、もっと広くしたい、という場合も
あるかと思います。

その際はスタイルシート(style.css)などを調整するのが一般的ですが、
テンプレートによって調整箇所や方法が異なりますので、
ご自身でお使いのテンプレートに合った調整方法を実践してみて下さい。