パーマリンクを気にし過ぎることはない

パーマリンク設定を気にしすぎる必要はない

前回までのエントリーで、上から目線でパーマリンク設定について
偉そうなことをベラベラ書いてきましたが、
実際のところSEOへの影響がどれくらいあるかは
個人的には実はよくわかりません。

いろいろ調べてはみましたが、全く関係がないとは言えないものの
それほど気にすることもない、というのが正直な感想です。

確実に言えそうなのは、
記事タイトルを日本語で登録したままにしておくのは良くなさそう、
ということと
カテゴリーはよっぽどのことがなければ変更はしない方が良さそう、
という2点くらいです。

何もこだわりがなく、パーマリンクなんて気にしたことない、という人も
世の中にはたくさんいらっしゃると思いますが、
そういった人たちが何か不便を感じているかと言ったらそんな事もないと思います。

ワードプレスのパーマリンクがデフォルト設定のまま、
あるいは用意されている選択肢の中から選んだだけでも
別に大した問題は起きないと思います。

ネットユーザーの中でもご自身でサイト運営までしている人の人口は、
ただ利用するだけというユーザーの数に比べたら圧倒的に少数だと思いますし、
ましてやWordpressという存在を知っている人となれば、もうマニアの
世界のようなものだと思います。

ですので、いろいろな情報を参考にしてご自身のスキルを高める事は
とても重要ですが、過剰に情報に振り回されることがないように
小さいことは気にしなくても良いと思います。

もし、すでにご自身のサイトにかなり記事が投稿されていながら
パーマリンクに無関心だった方がいたとしたら、そういう方は今から
パーマリンク設定を変更する必要はないと思います。

アフィリエイトに取り組む人はどうしてもSEO効果を気にして
情報を意識し過ぎる傾向があるように思います。

何か目新しい情報があった時にいちいちその情報に一喜一憂していたら
疲れてしまいますよね?

アフィリエイトで稼ぐ仕組みを完成させるまでは、確かに焦りがちになりますし、
不安が付きまとうので、少しでも役立ちそうな情報を耳にしたら意識してしまう気持ちは
わかりますが、小手先のテクニックよりも大切なのは、ユーザーに有益な情報を提供する
媒体を作るという姿勢です。

アフィリエイトリンクをクリックしてもらうまでには
あなたのサイトが有益な情報を提供し、ユーザーの共感を得るというステップが必要です。

小手先のSEO対策も出来る限りは手をつけていった方が良いとは思いますが、
そんなことよりもまずは有益な情報、役立つ記事をどんどん投稿し続けることが
サイトを成長させていく上では大切だと思います。

今回も偉そうなこと言いました、スイマセン!!