Wordpressのパーマリンクで一番おすすめの形式は?

軽く見てはいけない!!超重要なパーマリンク

WordPressの設定項目は非常にたくさんあるため、
初心者の方は始めのうちは戸惑ってしまうかも知れませんが、
慣れてくれば次第に理解も深まり、そんなに難しいことではないと
思えてきますので、頑張っていきましょう。

さて、今回はパーマリンクの設定について解説したいと思います。

パーマリンクとはパーマネントリンクの略語で、
直訳すると “恒久的なリンク”となります。

その名が示す通り、あなたが投稿したブログ記事に
割り当てられる普遍的なURLのことを指します。

あなたのエントリーした記事が検索エンジンに
インデックスされるようになると、
そのURLがネットの中で広まっていきます。
しかし、その後にこのパーマリンクを変更した場合に
最初のインデックスをもとにアクセスしてくれた
ユーザーがいたとしても、リンク先がエラー表示に
なってしまい、あなたのサイトを訪問してくれる
機会を失ってしまうことになってしまいます。

そのため、このWordpressにおけるパーマリンクは
最初の段階で慎重に設定し、後から表示方法を
変えることがないようにする必要があるわけです。

変更が簡単にできてしまうため、軽い気持ちで
変更をしてしまうということが初心者の方に
ありがちですが、パーマリンク設定は
一度決めたら、後になって変更はしないことを
推奨します。

Googleが推奨するURL構造とは?

グーグルはそもそもどのような
サイトのURL構造を推奨しているのでしょうか?

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

Search Console ヘルプより

さらに

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。

Search Console ヘルプより

と書かれています。
シンプルな構造で、論理的(IDではない表記)で、「/」を使用して区切る。
これがグーグルが理想としているURL構造となっています。

パーマリンクの設定方法

それでは実際にパーマリンクを設定していきましょう。
ワードプレスのダッシュボードから

  • 設定
  • パーマリンク設定

と進んで下さい。

その中に

  • 基本
  • 日付と投稿名
  • 月と投稿名
  • 数字ベース
  • 投稿名
  • カスタム構造

の項目が表示されています。
何もしていなければ「基本」にチェックが
入っている状態かと思います。

ここで一番下の選択肢

  • カスタム構造

にチェックを入れてください。

おすすめのパーマリンク設定は?

ここからが本番です。
パーマリンクはどのように設定するのが
一番望ましいのでしょうか?
何に対してかと言うと、もちろん
“SEO的に” です。

ユーザーの間でも諸説あるのですが、
SEO的にこの形式が最も良いと断言されているものは
残念ながらありません。
Googleが推奨しているURL形式を踏まえた上で、
それぞれの形式の長所短所を理解して
最終的にはあなた自身が決めることになります。
おすすめの形式は以下の3通りです。

「/%category%/%postname%/」

カテゴリー名と記事タイトルを表示する形式です。

SEO的には理想的な構造なのがこの表示形式です。

ただしpostname(記事タイトル)に関して一考が必要です。

記事タイトルは通常なら日本語ですが、
このURL構造にした場合はデフォルトではそのまま
日本語で入ります(→「/%category%/%日本語%/」)。

この日本語表記は一見わかりやすく便利なようですが、
アドレスバーや他のサービスにコピペをした時に
エンコードされ、一見意味不明の長い文字列に置き換えられてしまう
というリスクがあります。

置き換えられた長い文字列は文字数制限のあるサービス(twitterなど)では
それだけで利便性が悪いですし、エンコード自体がされず、
コピペが無効になるケースもあります。

そのため、この形式を選択する場合は
日本語記事を別のアルファベット表記や数字などで
毎回個別に登録しなくてはならなくなります。

また、この形式は仮にカテゴリーを後から変更した場合に
URL自体が変わるため、一度無効となってしまうので、
リダイレクト(検索エンジン側の引き継ぎ)が済むまでは
インデックスされなくなりますし、一時的にアクセスに
悪影響が出てしまいます。

このデメリットを理解して使用するなら、
構造的には最良なのがこの形式かと思います。

「/%category%/%post_id%/」

カテゴリー名と記事のIDを表示させる形式です。
カテゴリーと固有番号が階層表示されており、
先ほどの記事タイトル表記形式ほどではありませんが、
一応は論理的な構造になっています。
カテゴリー名を含んでいるので、
カテゴリーを変更した際には先ほどの説明と
同様のリスクが生じます。

また、記事IDの表示形式は自動で設定されて楽なのですが、
画像のアップロードなどの動作のたびに番号が
割り当てられるため、記事の投稿IDが連番ではなく
飛び飛びになってしまい、見た目にはすっきりはしません。

サーバーを引っ越した場合には、この飛び飛びの番号は
引き継がれず新しいIDが生成されるため、
リダイレクトの手間がかかります。

「/%post_id%/」

カテゴリーの表示を外し、記事IDだけを表示させる形式です。
カテゴリーを変更してもURLが変わらないというメリットがあります。

見た目にわかりやすい論理的構造という
要件は満たしていませんが、
サイトのカテゴリー変更の可能性がある方には
おすすめの形式です。

やはりIDを使用しているので、万が一サーバーを引っ越す場合には
リダイレクトの処理をしなければなりません。

Wordpressのパーマリンク設定

どの設定でも一長一短があり、どれがベストということはありませんので、
最終的には”お好みで”選ぶということになります。

これらを踏まえて、
あなたが好きな形式を決めたら
カスタム構造の入力欄に

  • /%category%/%postname%/
  • /%category%/%post_id%/
  • /%post_id%/

のいずれかを入力して「変更を保存」を押したら設定は終了です。

カテゴリー名の英語表記の登録が済んでいることを前提で
解説してきましたが、そちらも必須ですのでご確認下さい。
カテゴリーの設定時に
「スラッグ」の欄にアルファベット(半角小文字英数字ハイフンが使用可能)で
名前を必ず登録して下さいね。