コピー防止プラグイン

あなたの書いた大切な記事が、誰かにコピーされ
あたかも自分で書いたかのような体裁を取られたら
いい気分はしません。

気分の問題だけではなく、記事のコピペは
検索エンジンにインデックスされた順番によって、
早い方の記事がオリジナルという評価になってしまうため、
下手をすれば、オリジナルであるあなたの記事が
パクった偽物だというスパム判定を受けてしまうという
大きなリスクを抱えています。

そんな最悪な事態を回避するためにも、以前お伝えした
インデックスを早めるプラグインを必ず導入して下さい。

そして、念には念を入れて、あなたのサイトの記事の
コピー自体を出来なくするという対策を取っておくことも
おすすめ致します。

今回はそんな記事のコピー防止ができる便利なプラグインを
紹介致します。

WP Copyright Protectionをインストール

「WP Copyright Protection」というプラグインを
導入すると、閲覧者がサイト上で記事をコピーしようとしても
出来なくなります。

導入方法は簡単です。プラグインをインストールし、
有効化するだけで実装されます。

自分自身だけはコピーをする機会がある場合は
自分だけを対象から外すことが出来ます。
その場合は設定画面で「Disable for registered users」に
チェックを入れましょう。

これで、あなたのサイト記事のコピー防止対策が
出来ますが、一点だけ注意点があります。

それは、コピーが出来ないということで
ユーザーの利便性が損なわれるため、
人によっては嫌厭されてしまう可能性があるということです。

コピーをする人の全員が、記事をそのままパクろうとして
するわけではなく、単語の入力の手間を省くためや、
文章のリライトの元原稿として使用するために
コピペをするということはよくあることです。
リライト記事は検索エンジンに見抜かれる可能性もあり、
SEOを考えた時には推奨できませんが、
まぁ現実問題としてはよく行なわれているかと思います。

仮に参考になるほとんど同じような内容のサイトが二つあった場合に、
一方はコピペ可能で、一方はコピペ禁止となっていたら、
ユーザーはコピーができる方のサイトに好んでアクセスすることでしょう。

あくまで、一番に対策を講じて防止したいのは、
自分のオリジナル記事がパクられた上に、自分よりも早く
インデックスされてしまうというトラブルです。

人によってはコピペされるくらいならまぁいいか、
と考える人もいるかと思いますので、
その点は熟慮した上でコピーライトプロテクションの
プラグインを導入するかを決定して頂ければと思います。