時間的非整合性

締切日が1週間後の仕事だと、本気で取り掛かるのは
2〜3日前から。1週間前は時間もあったしその時から
少しずつでも進めておけば、数日前になってこんなに
慌てないでも済んだのに、この分だと今日も明日も残業だな‥‥。

こんな経験はあなたもお持ちではないでしょうか?
何かの物事をついつい後回しにしてしまう、
わかってはいるのに行動できない、
なぜ、人はよくこんな行動パターンに陥るのでしょうか?

それは今現在の置かれた状況の中で
この先に得られる利益のことを考えるよりも
目の前にある利益に目を奪われてしまうからです。

ダイエットを始めたけれど、冷蔵庫にプリンが
一つだけ残っていたから食べちゃおう。
甘いものは本当にこれで最後にするから。

といった具合に、
目の前の小さな誘惑に人は何とも弱いものです。

後で後悔することは理解できてはいるのに
目の前の誘いに負けてしまうこのような行動を
「時間的非整合性」と言います。
同意語で「現在志向バイアス」、「近視眼性」
と呼ぶこともあります。

個人的には「現実逃避」と解釈しても良いかと思っています。

ネットビジネスを進めていくのは
初心者の方に限らず大変孤独な作業の積み重ねです。
成功が100%約束されている保証があるわけでもないのに
こんなに時間と労力を使って無駄にはならないのか?
そんな不安な気持ちで取組んでいる人が多いかと思います。

今回の時間的非整合性を考えてみて下さい。
今、楽な方に逃げてしまっては将来の成功のチャンスが遠のくだけです。

日々、地道な記事投稿やサイトの見直しなどを
コツコツと重ねていくことが成功を手にするための
近道であり、唯一の方法なのです。

行動心理学はマーケティングや販売戦略を
考える際に参考になるものが多いですが、
この時間的非整合性の考え方は
むしろ作業を進めていく上でのあなた自身への
マインドセットの思考として忘れないでほしい
心理学のように思います。