極端回避性(松竹梅の法則・選択回避の法則・妥協効果)

いきなりですが、
あなたが使っていたプリンターが壊れて買い替えることになったとします。

お店には3種類のプリンターが展示されています。
あなたはどれを買いたいと思いますか?

  •   9,800円
  • 19,800円
  • 29,800円

おそらく真ん中の19,800円の商品を選ぶ人が
多いのではないでしょうか?

では、あなたがそのプリンターを購入しようと思い
店員さんを呼ぼうと振り向くと
なんと、さっきまでは気づかなかった
39,800円のプリンターが新商品とし
大々的にディスプレイされていたとしたらどうしますか?

あなたは19,800円のプリンターの購入を決めていたにも関わらず、
倍額近いプリンターが存在することを知り、
先ほどまでは一番高いと思っていた29,800円のプリンターを
「一番高いわけでもないからこっちでもいいかも‥‥」と
考えが少し揺らがないでしょうか?

ほとんどの人は順位のあるものを選択する際に、
無難そうだからと考えて真ん中を選ぶという心理を持っています。

これを「極端回避性」と言います。
「選択回避の法則」「松竹梅の法則」「妥協効果」と呼ぶこともあります。

企業の販売戦略でも非常によく使われている心理学です。

「こんな高い商品を買う人いるのかな?」と
思ってしまうような商品がありますが、
このような上位商品が存在するのは、
実は企業側が一番売りたい商品とのコントラストを作る
ことも目的になっている場合が多々あります。

家電製品のカタログを見ると、中間の価格帯の商品が
カタログのメインになっていて、上位商品と最安値商品が
後半から掲載されているというページ構成のカタログもよく見かけます。

この「高すぎず安すぎず」を好んで、無難な中間の商品を選択するという心理は
アフィリエイト商品を選定する際にも参考にできるポイントがあります。

 

一番売りたい商品よりも高い商品と、
一番売りたい商品よりも安い商品の
3種類の商品を用意することで、意図的にお客様の目線や意識を
一番売りたい真ん中の商品へ誘導することが可能です。

ぜひこの手法もあなたのネットビジネスに活かしてみて下さい。